Language (言語)

Queue-itは、世界中のトップブランドの繁忙期を支えています

Queue-itの仮想待合室はトラフィックピーク時にもサイトのパフォーマンスを確保し、ビジターの公平性を守ります。

マーケットリーダー

仮想待合室の仕組みを動画で見る

アクセス数が処理能力を超えた場合、ビジターはカスタマイズされた待合室にリダイレクトされ、

そこから目的のサイトやアプリへ先着順に戻されます。

How does a virtual waiting room work
How does a virtual waiting room work

どんな状況下でもコントロールが可能に

販売や申請をサポート

仮想待合室は、開始時間前にアクセス集中でサイトがダウンするのを防ぎます。開始前にアクセスしたビジターはカウントダウンページに送られ、販売や申請開始が始まると、ランダムに順番を割り振られて列に入るため、サイトに早くアクセスしすぎる必要はありません。開始後に来たビジターは、ランダム化された先着者の列の後ろに、先着順に並びます。

先着順
blue invite on beige background

Invite-only機能でお得意様に特典を

特定のビジターを、一意識別子を含むリンクからInvite-only待合室へ招待することができます。ボット・不正対策も備えており、お得意様へのサービスを支障なく行うことができます。

常時アクセス集中から保護

Queue-itは常時トラフィックを管理するセーフティーネットとしての機能があり、アクセス数が処理能力を超えた場合のみ待合室が稼働します。アクセス集中が起こった場合、ビジターは待合室にリダイレクトされ、そこから目的のサイトやアプリへ先着順に戻されます。

Protect against sudden traffic spikes

Queue-itで可能になること

シームレスなユーザー体験

シームレスなユーザー体験

シームレスなブランド体験を創り出すことで、評価向上につなげます。「待ちの心理」を活用することで、ソーシャルプルーフを引き出します。

リアルタイムのトラフィック管理

管理&分析

GO Queue-it(管理プラットフォーム)上での簡単な操作で、待合室の設定やリアルタイムのトラフィックモニタリングをしたり、将来の販売に生かせるデータ情報を入手できます。

悪性ボット対策

ボット&不正対策

悪性ボットの手に商品やサービスが渡るのを防ぎます。reCAPTCHAやQueue-itのプルーフ・オブ・ワークで、ビジターが待合室から来たかどうかを見極めます。

このような場面で使われています

人気のチケット販売
人気のチケット販売
新商品販売
新商品販売
公共関連の申請
公共関連の申請
季節セール
季節セール

多くの企業がQueue-itで繁忙期の販売に成功しています

必要な部分を保護します

パフォーマンスのボトルネックになっている場所は、サイトの設定によって異なります。Queue-itなら、ニーズに応じてサイト全体もしくは急所のみを守ることができます。これにより、ユーザージャーニーの邪魔をせず、チェックアウト時など、リソース消費度が高いアクションを行った時のみに待合室に入るように設定することができます。

ボトルネック
各種デバイス

どのデバイスからも列に並べます

Queue-itはモバイル端末にも対応しています。ブラウザやアプリを閉じたり、携帯をロックしてしまったり、バッテリーがなくなっても待ち番号は保持されます。ビジターの接点を強化し、顧客体験を向上させましょう。

シームレスなブランド体験を提供します

ビジターにわかりにくいエラーメッセージを表示したり、ページを何度もリフレッシュさせてしまっていませんか?

仮想待合室があれば、快適なブランド体験を創り出せます。ビジターが待つ間に楽しめるコンテンツを用意したり、リアルタイムメッセージ機能で適切な情報を提供して、信頼度とロイヤリティを高めましょう。

ブランド体験

Queue-itの仕組み

Queue-itの待合室は、二つのウェブページの間に挿入されたページで、DNSやリバースプロキシではありません。柔軟な実装方法で、サイト全体、もしくはページ単位を保護することができます。

仕組み
コネクタ

実装方法には、ダイレクトリンク、JavaScript、サーバーサイド、エッジを介したものがあります。ネイティブモバイルアプリやCDN、ロードバランサー、タグマネジメント、チケット・ECプラットフォームなど、様々なインフラに合わせたコネクタを用意しており、全ての言語に対応しています。

Queue-itはAmazon AWSによって、グローバルにホストされています。AWSやネットワーク、ウェブの障害が起こった時にも、可用性を保ちつつ必要があれば直ちに変更を加えられるよう、分散型で耐障害性の高いアーキテクチャを構築しました。

Queue-it infrastructure

サイトの機能を保つことができたのが何よりのメリットです。また、仮想待合室がイベントの人気度の象徴となったことで、話題が広がり、ユーザーからポジティブな声をいただきました。(ロンドン交響楽団)

LSO

サイトの不具合でユーザーを困らせるのは、もうやめましょう